報告書

行動種別の作成

説明対象者:システム管理者

 

行動種別とは

1つの行動(ステータス)に対して、複数の行動パターンがある場合に設定するものです。行動種別を作成しておくと、1つのステータスから複数の報告書を作成できます。(行動種別を設定しなくてもステータスや報告書は利用できます)

例えば、ある顧客を「訪問」する場合、「営業報告」なのか「定期巡回」なのか、「訪問」というステータスでも、報告内容が複数あることが想定されます。

また、営業マンや巡回スタッフなど訪問する担当者によっても報告書が違います。このようなときに行動種別を設定すると便利です。(その他行動種別の例はこちら)

 

ここでは、行動種別の登録・編集方法、確認方法を説明します。

 

行動種別の登録

  1. メニューバーの「 報告設定 」の中から「 行動種別 」をクリックします。
  2. 「行動種別を追加」ボタンをクリックします。

  3. 新規行動種別を入力します。
  4. 「一括で入力」をクリックすると、入力画面が開きます。改行で複数の行動種別を登録することができます。
  5. 「保存」ボタンで登録が完了します。

 

行動種別の編集

  1. メニューバーの「 報告設定 」の中から「 行動種別 」をクリックします。
  2. 画面右の鉛筆マーク「編集」ボタンをクリックします。

  3. 既存行動種別の編集をします。行動種別名右の「≡」をクリックしたまま移動することで、行動種別の並び順を変更することができます。「×」をクリックすると削除されます。(行動種別削除時の注意点
  4. 編集画面では、新規行動種別の追加や、一括入力も可能です。
  5. 編集が完了したら「保存」をクリックします。

 

行動種別の確認方法

行動種別がどの報告書フォーマットに設定されているかは、報告書フォーマット画面で確認できます。

  1. [報告設定]>[フォーマット設定]を選択します。
  2. 各報告書フォーマットに設定された行動種別が確認できます。
    報告書フォーマットの行動種別の設定についてはこちら → 報告書フォーマットの作成

 

行動種別の使用例

サイゼン社 商談担当Aさん


一つの顧客に対してプラン別の提案をするため、
その報告書を書きやすくしたい・・・

サイゼン社  営業担当Bさん

営業報告の行動種別例
「商談」のステータスに対して「新規訪問」「交渉」「契約」「お客様のご意見」など・・・ 
 
サイゼン社  定期巡回・調査担当Cさん 

顧客の状態を確認・調査の際の報告の行動種別例
「訪問」のステータスに対して「関係構築」「定期巡回」「調査」「クレーム」「ご意見」など・・・