警備業務での活用事例

警備業界での活用事例をご紹介いたします。
ディスパッチ(=人員を派遣すること)業務でお使いいただいています。


 

【cyzenの使い方】
cyzenで位置情報を取得し、対応の可否をワンタップで報告することによって
導入前の課題だった警備員の現状把握が可能になりました。
管理者はトラブル発生したら対応可能な人をメンバーロケーション画面で探して出勤を要請、
警備員はcyzenでメッセージが来たら現場に向かい業務を行います。

メンバーロケーション画面は、スポットの近くにいるユーザーや
各ユーザーの現在地・最新のステータス状況などを確認できる機能です。
β版の機能になりますので、ご利用したい場合は一度サポート窓口までご相談ください。

★メンバーロケーションの使い方はこちら↓

HubSpot Video

【目次】

1. ルート自動記録で警備員の位置情報を記録

2. ステータスで作業状況を報告

3. トラブルが発生したらメンバーロケーション画面で対応可能な警備員を確認

4. メッセージを送り現場に警備員を派遣

 

1. ルート自動記録で警備員の位置情報を記録

警備員は勤務を開始したらcyzenで「出勤」をタップします。
ルート自動記録で4分おきに位置情報が取得されるので、リアルタイムな位置情報が把握できます。

2. ステータスで作業状況を報告

勤務を開始したら、警備員は下記の3つのステータスのいずれかをタップします。
・対応可能
・作業中(対応不可)
・作業中(休憩中)

「対応可能」のステータスがタップされている時のみ、管理者は出勤要請をします。

3. トラブルが発生したらメンバーロケーション画面で対応可能な警備員を確認

メンバーロケーション画面でトラブルがあったスポットの近くにいるユーザーを検索して
最新のステータスが「対応可能」になっている人を確認します。

4. メッセージを送り現場に警備員を派遣

管理者はメンバーロケーション画面から出勤要請したいユーザーにチェックを入れてメッセージを送信します。
ユーザーはメッセージを受け取ったらマップを開いて現場に向かいます。
メッセージのリンクをクリックすると、Googleマップが立ち上がりナビの検索もできるので現場の共有がスムーズです。