ポスティング業務の活用事例

ポスティング ビフォーアフター

①移動の軌跡を地図上で確認できる!

②担当物件・配布禁止物件を地図上で確認できる!

③配布状況を表やグラフで確認できる!

①移動の軌跡を地図上で確認できる!

【ルート自動記録】

出勤から退勤までの位置情報を取得する機能です。
移動の軌跡を確認できるので訪問のエビデンスが取れる上、効率的なルートで回れているかなどのフィードバックにも役立ちます。

ポスティング事例 ルート自動記録

ルート自動記録についてはこちら

【ステータス】

ワンタップで行動の記録をすることができます。
休憩開始・終了のステータスを設定することで休憩中は位置情報を取らないようにすることも可能です。

ポスティング事例 ステータス-1

ステータスの設定についてはこちら
休憩中に位置情報を取得しない設定はこちら


②担当物件・配布禁止物件を地図上で確認できる!

【スポット】

地図上で自分の担当エリアやどこまでポスティングが完了したかを一目で確認することができるため、配布状況が簡単に把握でき、バッティングを防ぐことができます。
ポスティング禁止のタグを設定すればトラブルを防ぐこともできます。

ポスティング スポット-1

スポットタグの設定はこちら


③配布状況を表やグラフで確認できる!

【ダッシュボード】

ご要望に合わせて見たいデータを分析します。
活動状況をチームごと、個人ごとの行動を分析し、活動のデータをもとにしたマネジメントが可能になり、生産性の向上や業績アップに繋がります。

ポスティング ダッシュボード

ダッシュボードについてはこちら

【パフォーマンス】

同じグループのユーザー活動状況が確認できます。
目標を設定すると、達成率をスマホから確認することができます。
スポットタグごとの訪問状況などの分析もできます。

ポスティング パフォーマンス

パフォーマンスについてはこちら