内線通話を使いこなすには

ケース1
メンテナンス中、作業で分からないことが…口で伝えるのも難しい…

→ビデオ通話で状況を見せつつ作業を確認!

ケース2
会議中、急ぎで知りたい専門的な内容を誰に聞けばいいかわからない…

→メンバー属性を使ってこの分野に詳しい人を検索して内線通話!

ケース3
警備中、すぐに人手がほしいので近くにいる人にヘルプ要請したい…

→メンバー画面で現場の近くにいる人を確認・通話でディスパッチ!


 
内線通話とcyzenの他の機能を組み合わせるとさらに便利に活用ができます。
ケースごとに内線通話の活用方法をご紹介します。
基本の使い方はこちらの記事をチェック
 
 
ケース1-1
業務の確認を文章や口で伝えるより見せた方がはやい時は内線機能のビデオ通話が便利です。
内線機能は電話番号の登録が不要なのでcyzenのユーザーであればだれとでもビデオ通話ができます。
ビデオ通話の切り替え方はこちらの記事をチェック
ケース1 ビデオ通話     
 
 
ケース2
メンバー属性を事前に登録することでスキルや担当分野でユーザーを絞り込むことができます。
メンバー属性の設定の手順はこちらから
 
メンバー属性設定後のアプリでの絞り込み手順は下記です。
①メンバー画面で絞り込みをタップ
②メンバー属性をタップ
③絞り込みたい属性をタップ
④完了をタップ
⑤絞り込まれたユーザーをタップ
⑥電話をタップ
ケース2メンバー属性
 
ケース3
メンバー画面で地図に切り替えるとユーザーの位置情報をチェック後すぐに内線電話をかけられます。
①アプリメンバー画面で右上をタップ
②近くにいる人をタップ
③電話をタップ
ケース3 メンバー画面